うつ病と診断される原因を学ぶ【脳内の機能的な不調】

費用を抑える方法

カウンセリング

保険適用あり

うつ病は自分では自覚が無いこともあります。体調を壊して色々な検査をして最後にやっと、うつ病と診断されることも少なくありません。診断後は内服薬が渡され、カウンセリングも同時に行うのが一般的です。うつ病の種類も様々で産後鬱など一時的に発症するものもありますが、長期的に発症しているものが多いです。それによって費用は異なりますがおおよそ年間10万ほどはかかると言われています。重症化して入院になると病院によっても様々ですが1日に平均して2万円ほどかかります。しかし健康保険は適用されますし、健康保険の傷病手当金と言うものがあり仕事3日以上休んだ場合4日目以降からお給料の3分の2が支払われる制度があります。病気で仕事を辞めてしまうのは出来たら避けたいはずです。復帰を目指す為にもこの制度を利用する事をお勧めします。また、生命保険にも対応されているものがあるので一度確認してみると良いです。症状が出てから生命保険に加入することは難しいですが、診断書の提出無しで加入出来る保険もあります。その場合は保険料が高くなります。治った後に再発する可能性もあるので治ったと診断された後に加入すると良いかもしれません。他には障害者手帳が発行されたりと様々な制度があるので負担を減らすことは可能です。うつ病と診断を受けてしばらくは様子を見ながら通院される方がほとんどですが、万が一症状が悪化した場合や食事を作る事も困難になったり周りに助けてくれる人がいない場合は入院をお勧めします。入院のメリットはいざというときにお医師さんが待機している事です。体調が悪いときはいつでも診断してくれますし何よりも安心感があります。他には食事や家事の心配が無いことがあげられます。栄養の取れた食事は何よりも大切な事です。毎朝決まった時間に起きてご飯を食べて規則正しい生活を送ることもできます。仕事をしている方は健康保険や、健康保険の傷病手当金、生命保険を利用して金銭的な負担を減らすことは可能です。通院で治療していくよりも外の影響が少なくなり通院に比べて短時間で回復する場合もあります。うつ病の原因が仕事や家族の場合も少なくはないのでそういう状況から一旦離れると言うことも治療には大事なことです。また、病院には同じ病気の患者さんがいます。情報交換をしたり、たわいもない話で気が紛れたり、自分だけじゃないんだと言う安心感を得られるかもしれません。何よりも大切なご自身の体を第一優先に考えてお医者さんの診断の元、自分に合った方法で治療することをお勧めします。

Copyright© 2018 うつ病と診断される原因を学ぶ【脳内の機能的な不調】 All Rights Reserved.