うつ病と診断される原因を学ぶ【脳内の機能的な不調】

体の不調一人で悩まないで

医者

いつでも気軽に自分で

職場や学校でストレスを抱えている人は少なくなく、今や精神疾患は誰しもが罹る可能性があるといっても過言ではありません。実際、成人の五人に一人は何らかの精神疾患で精神科や心療内科に通っているとも言われており、病院で治療を受けることも珍しくなくなってきました。しかし、まだまだ心療内科等へ通うことにためらいを持ったり、そういった病気に否定的な考えの人も多くいるのが現状です。精神疾患の中でも特に多いのがうつ病と言われており、ストレスや人間関係に苦しんで病気を発症し、上手く日常生活を送れない人が多くいます。自分や家族が「うつ病かも」と感じたら、早めに病院へ行くことが大切ですが、なかなか病院へ行きたがらない人には自分でできるセルフうつ病診断がおすすめです。これは病院のサイトやうつ病について説明しているサイトに付随する自己診断シートのことで、自分でチェック項目に入力していくだけで簡単に診断できます。ここで、「うつ病の可能性あり」と結果が出たら、その旨を心療内科等に伝えて診察の予約をすると大変便利です。また、家族を説得したいときも、一度セルフ診断を行って結果を見せることで、相手を納得されることが可能です。病院へ行くことが億劫だったり勇気が出ない人でも、セルフ診断であれば気軽にできるため大変便利でおすすめと言えます。今や、ネットで「うつ病」と検索すると、様々なサイトが作っているセルフうつ病診断に辿り着くことができます。これは「最近、夜は眠れていますか」や「急に不安になることがありますか」という質問に答えるチェックシートのことで、簡単にうつ病を診断することができます。簡易的なチェックシートなので項目も少なく、気軽に時間があるときに自分で診断できることが大きなメリットです。また、精神科や心療内科へ行くことは大変な勇気がいることで、周りの目が気になる人もいますが、セルフのチェックシートであればそのような心配がありません。人に知られたくない人や病院へ行くことに勇気が出ない人は、まずは自分でチェックして自分自身を客観的に見つめることがおすすめです。セルフうつ病診断を行って「要検査」と結果が出た人は、そのまま放置せずに結果を持って病院へ行くことが大切です。病院によっては、サイトから直接メールで診察の予約ができるところもあるので、結果を伝えておくとスムーズに診察へ進むことができます。大切なことは、何らかの病気のサインがでた場合は、自己判断で終わらせずに必ず診察を受けて治療を受けるということです。そのための入り口としてセルフうつ病診断を利用し、自分を冷静に見つめ直して今の状況を整理することは、大変便利で有効的と言えます。

Copyright© 2018 うつ病と診断される原因を学ぶ【脳内の機能的な不調】 All Rights Reserved.