うつ病と診断される原因を学ぶ【脳内の機能的な不調】

専門の医師に相談しよう

ストレス

治療で治せる病気

憂うつになり、気分が落ち込み、訳もない悲しさに見舞われる、これがうつ病の症状です。大好きだった趣味でさえすることができなくなるのです。通常であれば、数日でそんな落ち込んだ気分から立ち直る事ができるのですが、いつまでたっても気分が落ち込んだままで、普通の生活を送ることが困難になってしまうと、うつ病だと診断されます。うつ病は、何らかの原因で神経の細胞と細胞の間にあるセロトニンとノルアドレナリンという、情報伝達物質の分泌量が減ってしまい、脳の中で情報がうまく伝わらないために起こると言われます。眠れない、頭痛がする、食欲不振など、体の方にも異常が現れます。倦怠感を感じたり、体がだるくなったり、また、女性の方はホルモン異常で生理が乱れたりします。そのため、どこか病気ではないかと内科を受診する方もおられます。しかし、内科でいろいろ検査をしても、体の異常はみつかりません。何をする気にもならない、気分が落ち込んでしまう、けれども体には異常がない、そのような症状があるときは、うつ病の可能性がありますので、すぐに専門医に相談をしてください。うつ病と診断されたら、すぐに治療を始めないと、さらに悪化してしまいます。病状が悪化してからですと、なかなか完治せず、治療期間が長くなってしまいます。うつ病なのに、無理に仕事や家事を続けていると、終いには体を動かすことさえ億劫になり、部屋から出たくなくなるなど、生活に支障をきたすことになります。うつ病の治療、対処法は、十分な休養を取り、医師から処方された薬で、体と心の活気を復活させることから始めます。自宅にいられるのであれば、何もせずに一日のんびり、ゆっくりと過ごしましょう。どうしても仕事を休めないとか、何かしていないと落ち着かないと感じるのであれば、入院して治療する方法もあります。うつ病が疑われる場合は、すぐに病院で専門医の診断を受けましょう。その時、家族や親しい知人に付き添ってもらい診断を受ければ、病気であることを理解してもらえ、治療がスムーズに進みます。「頑張れ」などの励ましはかえって、当人の負担になってしまいますので、周囲の人は、ストレスを溜めないような生活を送れるよう、心がけましょう。うつ病になりやすいのは、責任感が強い、まじめ、几帳面、仕事熱心な人です。頑張りすぎて、自分の心のキャパシティを超えたストレスをため込んでしまい、心のバランスが崩れてしまうのです。すべてにおいて完璧を求めるのではなく、優先順位を決めるなど、考え方をすこしずつでも変えていくこともでうつ病になりにくくなります。

Copyright© 2018 うつ病と診断される原因を学ぶ【脳内の機能的な不調】 All Rights Reserved.